山形村観光振興ビジョンとは?

山形村の豊かな自然を活かした、心に「ふるさと」を感じられる観光地域づくりを目指すプロジェクトです。




山形村観光振興ビジョンは、村の観光をどうしていくかを考えるのではなく、より良い村にしていくために、「観光」という手段をどのように使っていくのかということを、様々な業種、立場、考え方を持った総勢50 名余りの村民で話し合い、作られたものです。見ず知らずのコンサルタントが作ったものでも、大学の教授が作ったものでもありません。我々村民の手で作られたかけがえのないビジョンです。


沢山の想いが詰まったビジョンは、作っただけで終わらせないために、まず自分たちで実行できることから考えよう!というコンセプトで作り上げました。そしてワーキンググループメンパーが中心となって実行していき、そのなかで仲間を増やし、村のあらゆる団体、村民の皆さんと連携し、共同で取り組んでいきます。その「みんなで取り組む」ということこそが、一番価値のあることだと思っています。


観光や地域づくりというものは結果が形となって現れるまでに10 年、20 年の月日がかかると言われます。今、「観光振興ビジョンを作る」ということでまいた種が、ひとつひとつのプロジェクトを実現するなかで、芽を出し、いずれこの大地にしっかりと根を張った大きな木へと成長し、村の未来に変化を起こすと私たちは信じています。


脈々と受け継がれてきた良いものは残し、変えていくべきところは変えて前進していく。その先に子どもたちが望む村の姿があるはずです。
そして、そのために今我々ができることから「動<」ときなのではないでしょうか。


山形村観光振興ビジョン策定委員会 平成25 年3 月作成